Scuola Toscana Specials

Everyone in our trade knows that the so called extracurricular activities can make the difference with the competition; yes, students come to study Italian, but they come here because they want to be in Florence, in Tuscany.
Therefore, you have to show them Florence, and Tuscany as well. As everyone else, we do have the standard catalog of visits to the city highlights: Uffizi, Accademia, Duomo, Santa Croce…
But now, we want to offer something more : to everyone who has already experienced the “three days tour”, to everyone who is in Florence since some months, to the students who are already expert in art history, and wish to go deeper.
Scuola Toscana Specials are activities especially designed by our teachers who are also art history lovers: they have their special places in Florence and their favourite artists; they have “discovered” hidden masterpieces, and got to learn peculiar anecdotes and stories… and they want to share these treasures with someone who is interested in “going further”.
“I segreti di Firenze” is one of these Specials; here the students explore downtown Florence with the teacher Caterina, and get to know many stories of the past through a series of anedoctes and trivia. It was so succesful that Caterina had to make the sequels “I segreti di Firenze II” and “I segreti di Firenze III”…
Another Special is “I cenacoli di Firenze“, a walk which crosses the center of Florence and centuries of art history following the theme of the Last Supper Frescoes: with examples by Ghirlandaio, Perugino, Andrea del Sarto… (the pictures refers to this activity)

Advertisements

そろそろ冬支度と暖房

暖かい陽気が続いていたフィレンツェですが、先週後半から、一気に気温が下がり、朝晩は、ぐっと冷え込む様になりました。
急いで衣替えをする人や、街中では、早速コートを着ている人も。

イタリアの暖房は、ガス式が一般的で、(瞬間給湯器ですね)、これで暖められたお湯が、各部屋についているパネルヒーター(termosifone)を循環して、家を暖めます。
さて、この暖房、アパートで管理されているケースと、各家庭に付いているケースとでは、利用方法が変わります。アパートで管理されている場合、1日の使用時間や温度が管理されており、夜中は消えていたり、設定温度が暑すぎて、窓を開けることになってしまう場合も。
反対に、家庭ごとに使用する場合、利用時間も温度設定もお好みでできますが、使用しすぎると、後々、とんでもない金額の請求書がくることに!

どちらも一長一短ですね。

さらに、イタリアでは、暖房の使用開始時期が市によって決められています。でも、その前後に多少つけても、罰金ということはまずないですが。

バスタブも少なく、タイル張りの床のイタリア。冬は、どうしても日本の湯船が恋しくなりやすい時期ですので、日本の留学生の皆様、洗濯カゴなどに熱いお湯を入れて足を暖めて、イタリアの冬を乗り切ってください。

食欲の秋

10月に入っても暖かい日が続いていましたが、今週末から気温が下がる予定。そろそろ衣替えの時期ですね。

それでも今は「秋」。秋と言えば「食欲の秋」。やはり、ここイタリアでも、秋は美味しいものがたくさん、出てきます。ポルチーニ茸、トリュフ、イノシシ肉、栗、などなど。

それらに合わせて、いろいろな町で、これらの食材をメインにしたお祭りも開催されます。お祭りは、よく”Sagra”と呼ばれています。フィレンツェからバスや電車を使って行けるところもあるので、是非、行ってみてはいかがでしょうか。

フィレンツェとはまた違った、地方都市のお祭りの雰囲気や町の様子など楽しめることでしょう。