ヴァザーリの回廊の一般公開

ヴァザーリの回廊は、1565年メディチ家のコジモ1世により、メディチ家の住居であったピッティ宮殿と執政所のヴェッキオ宮殿の間を、人々に知られず、安全に行き来できる目的のために、ヴァザーリによってたった5ヶ月で作られました。

通常は、非公開ですが、10月6日から12月16日まで、一般公開されています。
見学は、ウフィツィ美術館から出発し、ボーボリ公園まで、ガイド付きで行われます。
見学は、個人見学は出来ないため、グループ見学となります。

回廊内では、ルネッサンス時期の巨匠達を始め、数多くの絵画が掛けられているなど、メディチ家が年月をかけて集めたコレクション作品を見ることができます。また、回廊の窓からは、フィレンツェの町の様子を普段では見られない角度から見ることが出来ます。

見学は、6回、設定されています。水曜日と金曜日は、2回ずつ、14時からと16時30分から。木曜日も2回設定され、9時からと11時30分からです。

ガイドは全てイタリア語です。

見学には必ず予約が必要となります。Polo Museale Fiorentinoまでお問い合わせください。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s