Last man to speak his language

We want to close this 2017 with a thought for disappearing languages, through these six minutes of documentary by the New York Times.

For all of us who are working with languages, the thought of a disappearing language, together with the last persons who actually speak it, is particularly sad.

In these occasion you realise that there aren’t languages which are more important or less important, because every language forms, preserves and carries the ideas, the dreams, the cultural heritage of people.

That’s why our modest year-end appeal is for everyone out there, to study, to learn, to read, to speak, to write, many other languages.

Happy 2018 from Scuola Toscana !

Advertisements

Cursos de Cocina a Scuola Toscana

z

La cocina italiana es un universo rico de recetas tradicionales y creativas. Está dentro de la denominada “dieta mediterránea”.
Entre sus platos más comunes encontramos la pizza, la pasta y el risotto, pero no solo se basa en estas recetas , la cocina italiana es variada y muy deliciosa, en donde se reflejan abundantes olores y sabores del mediterráneo.
Para que aprendas a cocinar y utilizar bien los ingredientes de la cocina italiana, la Escuela Toscana ofrece maravillosos cursos de cocina a la vez que aprendes el idioma. Son 2 horas de lengua italiana por la mañana,y así conocer todos los productos en la lengua,y por las tardes son 3 horas largas en donde se cocina y prueban aquellos platos que se han realizado .

Se cocinarán desde platos típicos del norte de Italia,, esa maravillosa “polenta” de los norteños, pasando por la Italia central, con su fantástica “bisteca alla fiorentina”, y acabando por las típicas comidas des sur, como la sabrosa “pizza Margherita”.
Estos son solo unos ejemplos de platos que se podrán lavorar a lo largo de la semana, ya que la cocina italiana es muy amplia y se trabaja también con verduras, frutas, carnes y pescados, y sin olvidar esos magníficos postres como la “panna cotta”, recetas deliciosas fáciles de preparar , pero siendo necesária la preséncia de un experto en cocina italiana para que nos resuelva las dudas y demuestre como realmente cocinan nuenstros vecinos italianos .
Al final de cada clase realizarás un completo menú toscano compuesto de primer plato, segundo plato, y postre, disfrutando así todos los días de un a cena 100% estilo italiano.
Porque una virtud extraordinaria de los italianos es que saben cuidarse y comen muy sano y saludable.

Cabe destacar la famosa frase :

“MENS SANA IN CORPORE SANO”

Puedes informarte en nuestra página web:

http://www.scuola-toscana.com/sp/curso-cocina-italiana.php

 

Exams and Diplomas

DSCN1540

Today we have received from Accademia Italiana di Lingua (AIL) the results and the diplomas of the last exams of some of our students – all of them succesful.

AIL is a non profit organization which – since 1982 – organizes exams of Italian as second language, at all the levels of the ELP (from A1 to C2, plus two commercial italian exams), in various countries.

As Scuola Toscana is member of this organisation, the students at Scuola Toscana can prepare and sit for these exam. It is a great idea to complete a cycle of studies, because with this AIL official diploma one can really prove where is arrived with her/his studies.

Moreover, it is interesting and motivating to do a preparation course together with some friends and then feel the thrill to participate in the exam… find more information also here !

通信教育コース

暖かい陽気が続き、一気に桃や梅、桜が開花したトスカーナです。

今回は、当校の通信教育コースをご紹介いたします。

スクオーラトスカーナでの語学留学後も、日本からスクオーラトスカーナの先生の指導の下、イタリア語の勉強を続けて行きたい方や、いつかはイタリアへ語学留学をされたい方に向けたコースです。

元生徒さんに関しては、教師の指名も可能です。
レッスン内容も、生徒さん一人一人の目的に応じて対応できますので、コース開始前に、ご希望内容をお知らせください。

現在、受講可能なレベルは、初級、中級、上級の3レベルです。

コースに、8回分のレッスンが含まれており、有効期限は2年間。生徒さんご自身のペースで勉強していただけます。レッスンは、Eメール、Fax、郵送からお選びいただけます。提出後、通常、1週間以内に教師が添削、解答をいたします。

この春留学を終え、帰国される方もしくは既に帰国された方、または、この先留学予定の方など、是非、ご利用してみては如何でしょうか。

コースの詳細は、当校HPをご覧ください。

イタリア語検定試験上級レベルII

数ヶ月に及びご紹介してきたイタリア語検定試験のご紹介ですが、今日の上級レベルIIのご紹介が最後となります。

この上級レベルのII受験目安として、約600時間から650時間のイタリア語レッスン履修となります。
試験時間は、310分です。

試験内容は、読解(60分)、記述(90分)、統合スキル(40分)、口頭試験は、別の受験者1人と組になり行う試験(30分)です。

このレベルでは、読解およびヒヤリングにおいて全く問題なく理解することができる能力があることを示します。様々な情報を通して入手した内容を、正しい表現方法を使い、説明したりすることができ、また、あらゆるシチュエーションにおいて、言葉がもつ微妙なニュアンスも理解でき、流暢に自己表現できることを示します。

このレベルに合格すると、ヨーロッパ言語ポートフォリオのC2レベルが取得できます。

長期留学をされる方は、こちらのレベルを目指してみても良いでしょう。
スクオーラトスカーナでは、イタリア語検定試験対策コースも準備しております。

イタリア語検定試験中級レベルII&スイス

最近、掲載しているイタリア語検定試験AILですが、スイスでは2007年より前回ご紹介したDILC-B1(中級ビジネスイタリア語レベル)がUFFT(Swiss Federal Office for professional education and technology)がスイス連邦全ての職業訓練校における第2公用語としてのイタリア語の卒業検定試験として認定されています。

そんな訳で、当校の校長は試験監督として今までも何度もスイスを訪れていますが、今月も2回、クール市とブリーク市まで出張いたしました。
試験校では、長年の付き合いがある教師から新しい教師との出会いまで、大変楽しい時間となっているようです。

さて、今回は、中級レベルIIのご紹介です。

このレベルの受験目安として、約320時間から400時間のイタリア語レッスン履修となります。
試験時間は、220分です。

試験内容は、読解(40分)、記述(70分)、語彙と文法(40分)、ヒアリング(40分)、口頭試験(別の受験者1人と組になります)です。

このレベルでは、日常生活において対話、記述が問題なく出来る能力(ヨーロッパ言語ポートフォリオのB2レベル)があることを証明できます。

当校では、検定試験の対策レッスンも設定しておりますし、当校で試験を受験していただけます。

Switzerland again

This time I was doing exams in Brig, Switzerland – few kilometers from the Italian border. It was a perfect 4-hrs train ride from Florence, with two nice colleagues Lorenza and Sara.

Exams in Brig is a “classic” – since 10 years I’ve been doing exams here at the Kollegium Spiritus Sanctus – every teacher’s dream school, a spacious, luminous, eco-building settled among the Swiss mountains.

Kollegium Spiritus Sanctus, Switzerland


Here we do mostly DELI exam, for more than hundred students.

Every year I have the occasion to work together with Swiss instructors of Italian, who are perfectly bilingual (this is an area where three languages, Swiss-german, Italian and French meet and mix).

the "AIL posse" in Brig

The students are always well prepared, the director, Giuliano Andri, is always a perfect host, and to be here is almost a vacation !